時計鑑定士とはどうやってなるのか

時計鑑定士とは

時計鑑定士とは、質屋やブランド品買取ショップなどでブランド物の時計の真贋を判定する人のことを言います。しかし、殆どの所で時計鑑定士という特定の鑑定士は存在しません。何故なら時計鑑定士と呼ばれる資格が存在しないからです。それではどうやってなるのかと言うことですが、質屋やブランド品の買取ショップに時計鑑定士で就職をするか、自分でショップを立ち上げて時計鑑定士の活動をするしか方法は無いと思われます。

その為に必要とされるスキルは時計の知識や技術はもちろんのこと、ブランドに対しての知識も重要となります。ブランド物の腕時計の真贋を判定するのが極めて重要視されるからです。又、時計技能士と言う時計に関する唯一の資格を持っていると機能や技術を全て把握している資格なので深い知識を深めることが可能で、お客様からの信頼度も増すことになり得ます。

業務内容は買取を依頼された製品の価値を見極め、ブランド品の真贋判定から価格設定まで任されることも多々あり、それ相当な目利きが左右される神経を使う業務が主となります。鑑定士の年齢と求人傾向は比較的に高齢な方が多い傾向にあり、社会人として働く年齢であるならば誰でもなれる可能性があります。ただ、注意すべき点は時計鑑定士としての単独の求人は少なく、時計を含めたブランド品の査定をするための鑑定士の求人なら多少はあるという程度であるのが現実です。こういった背景から自分の好きな製品に携わりたいというだけの業務内容での募集は期待できないと思います。

時計鑑定士のメリットとしては、製品に関する知識が豊富に身につくことが最大のメリットであり、デメリットとしては先に記述したように時計に特化した鑑定士の募集が少ないというのが該当いたします。本気で鑑定士になりたいなら仕事をしながらでも必要なスキルをつけていくこともできますし、ブランド品の鑑定は特に企業によっては自社での講習制度や試験などで更に知識を向上させていくシステムを実践している所もありますので、なりたいけど知識などが少ない人でもなってみることができる職種であると考えられますが、実際になっている人は実家の時計店を引き継いだ人や最初から持っている知識を生かしている人も多いので、窓口としては自分で店を開くほうが簡単な手段でなれる確率は随分と高くなります。時計技能士からこの世界に入ることも時計鑑定士になれる近道だとも考えられますので、資格を先に取得しておくのもいいでしょう。